教育は幼い頃から行うのがベスト

幼い頃から親の愛情を受け、しっかり教育されて育った子供は社会の中でもうまく適応できます。

教育は幼い頃から行うのがベスト

教育は幼い頃から行うのがベスト 幼い頃から親の愛情を受け、しっかり教育されて育った子供は社会の中でもうまく適応できます。これは、親が社会のルールを早くから学ばせ、集団の中でも自分の立場を見失わないよう、それとなく訓練しているからです。一緒にいて子供に模範を見せてやるだけでも十分勉強になるので、親は子供と一緒に何かするのを躊躇してはいけません。

塾や予備校などで受験のための知識を仕入れるのは、ある意味特殊な勉強と呼んでいいでしょう。子供は何より社会に出て生きるための能力を欲します。受験勉強はその一部であり、それが将来的に生活に役立つかは子供が決めることです。知識は持たないよりは持っているほうが好ましいですが、それに固執しないのが肝要です。

成績など社会的評価を気にする教育より、総合的な人間としての力を高めるのが親や教師の務めです。成績表とは別に生活全般の能力が評価されているのもここから来ています。コミュニケーション力は一生を通じて使うものですし、人間関係を作る力は数値では測れません。

Copyright (C)2018教育は幼い頃から行うのがベスト.All rights reserved.